虫歯を予防しよう

ほんとは怖い、子供の虫歯

ほんとは怖い、子供の虫歯
子供の歯を虫歯から守るのは、母親の役目です。
乳歯は永久歯に比べエナメル質や象牙質の厚みが、半分ほどしかない上に、再石灰化の力も弱く、非常に虫歯になりやすくなっています。また、「おやつ」や「不十分な歯磨き」で虫歯になるリスクが大変多い時期でもあります。

さらに、乳歯は永久歯に比べ、治療も難しく、虫歯の進行も非常に速くなっています。痛みも少ないため、気付かないうちに神経の近くまで虫歯が進行しているという事もよくあります。
まずは虫歯の発症を抑えるためにしっかりと予防しましょう。
この時期にしっかりとした虫歯予防を行う事が、将来の健康な歯に繋がります。

子供の歯を虫歯から守る為に…

サホライド

「サホライド」は、殺菌作用と虫歯抑制作用に高い効果を持つ溶液を歯に塗る予防法です。
この予防法は、乳歯に高い効果を発揮し、初期の軽い虫歯の進行は抑制することが出来ます。
しかし、「サホライド」は光や熱により、変質しやすい性質を持っています。その性質のため、象牙質の変色や、歯が黒光りするといった副作用が確認されています。そのため、乳歯には使用しますが、永久歯には使用しません。

フッ素塗布

フッ素には歯質を強くする効果があります。このフッ素を歯の表面に塗ることで、虫歯に強い歯を作ることが出来ます。さらにフッ素には歯の再石灰化を促進する効果があるので、初期の虫歯の場合は、フッ素塗布で治ることがあります。
一回のフッ素塗布では効果が薄いので、3カ月に一度の頻度でフッ素塗布を行うようにして、虫歯予防の効果を上げましょう。

シーライト

「シーライト」は、表面の溝が深い乳歯や、奥歯の虫歯予防に効果のある治療法です。
歯の表面に深い溝がある歯や奥歯などは、虫歯になりやすい歯です。さらに、一本の虫歯から転移して新しく虫歯が出来るという事はよくあることです。そのため、歯の表面に深い溝がある歯や奥歯などの虫歯になりやすそうな歯をしっかりと予防することが、重要です。
虫歯発症のリスクの高い、歯の表面の大きな溝を、歯を削った時に詰める物と同様の「レジン」という素材を使用し、その溝を埋め、虫歯を予防します。
生えて間もない奥歯の永久歯は、特に虫歯になりやすいので、この方法は非常に効果的です。

キシリトール

虫歯菌は「糖」をエサにして「酸」や「歯垢」を作り出します。そんな虫歯菌の活動を、キシリトールで抑制することが出来ます。キシリトールを虫歯菌のエサにすると、虫歯菌は「酸」や「歯垢(プラーク)」を作る事が出来なくなります。毎食後に3回、キシリトール100%配合のガムを噛ませることで、虫歯菌の活動を抑制し、虫歯のリスクを減少させることが出来ます。

キシリトールの効果
  • 虫歯菌の活動の抑制
  • 歯垢(プラーク)の減少
  • 歯の再石灰化の促進

定期検診

予防をしたからと言って安心してはいけません。
定期的な検診で、予防治療がきちんと効果を発揮しているかなどを検査し、虫歯のチェックなどを行う事が大切になります。
歯科医院で、歯磨き方法や食育についてなど、トータル的な予防の指導を行う事も大切です。

  • 歯磨きについてはこちら
  • 食育についてはこちら

もし虫歯になってしまったら…

子供の場合、治療は予防や虫歯の抑制を中心で行いますが、虫歯が進行してしまっている場合や、進行の抑制が出来ない場合は、歯を削ったり、神経の治療を行います。
治療内容や必要性はお母さんにしっかりと説明した後に、子供にストレスがかからないように治療を行います。
ご質問や疑問のある場合はお気軽にお尋ね下さい。

〒606-0911
京都市左京区松ケ崎泉川町8-2

休診日:木曜日・日曜日・祝日
△土曜日は18:00まで

私たちが担当します!ドクター紹介

新着情報/Information

2015/6/29
お盆休みのお知らせ
8月13日(木)~8月16日(日)はお休みとさせていただきます。
2014/12/3
年末年始のお知らせ
12月28日(日)から1月4日(日)はお休みとさせていただきます。
カレンダー
<9月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
             
カレンダー
<10月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

ページトップへ