ママからの感染を防ごう

虫歯菌の感染源はママ?

虫歯菌の感染源はママ?

産まれたての赤ちゃんの口の中には、虫歯菌は存在しません。赤ちゃんの口の中に虫歯菌を移す最大の原因は一番見近なお母さんからの「母子感染」です。口移しや、お母さんのお箸やスプーンで食事をさせると簡単に感染してしまいます。産まれたての虫歯菌を持っていない赤ちゃんも、半年後には虫歯菌に感染しています。それほど簡単に虫歯菌はうつってしまうのです。
感染を防ぐために、お母さんを始め、周りの大人も注意することが大切です。

虫歯菌の感染を防ぐために大切な5つのポイント

  1. 赤ちゃんの使用するお箸やスプーンは、赤ちゃん専用のモノを使用する。
  2. 口移しでの食事は避ける。
  3. 周りの大人の口内環境を整える。
  4. 積極的に虫歯の予防を行い、予防を習慣づける。
  5. キシリトールガムをかむ。

将来に影響する「母子感染」

虫歯菌感染の時期が早ければ早いほど、将来虫歯が出来やすい傾向にあります。一般的に言われているのが「2歳まで」です。2歳になるまでに虫歯菌に感染した小児のほうが、2歳以降に感染した小児より虫歯が出来やすいという研究結果もあり、その差は約16倍と発表されています。それだけ、虫歯菌の感染は将来の子供の事を考えると重要なことなのです。

子供のための予防

虫歯の予防のために子供に予防を受診させることも大切ですが、感染の事を考えるとそれで十分だとは言えません。母親や周りの大人たちも一緒に予防をすることが大切です。
予防を一緒に行う事で、発症を格段に抑える事が出来ます。親子で定期的な検診を受け、虫歯のない健康な歯を育てるサポートをしましょう。
また、母親が1日2~3回キシリトールガムを噛むことが、母子感染のリスクの低下に効果を上げています。

〒606-0911
京都市左京区松ケ崎泉川町8-2

休診日:木曜日・日曜日・祝日
△土曜日は18:00まで

私たちが担当します!ドクター紹介

新着情報/Information

2015/6/29
お盆休みのお知らせ
8月13日(木)~8月16日(日)はお休みとさせていただきます。
2014/12/3
年末年始のお知らせ
12月28日(日)から1月4日(日)はお休みとさせていただきます。
カレンダー
<9月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
             
カレンダー
<10月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

ページトップへ