歯磨きを覚えよう|左京区 小児歯科のママさんナビ

歯磨きを覚えよう

小児の歯は虫歯になりやすいもの。

小児の歯は虫歯になりやすいもの。

歯科医院で予防を行ったからと言って安心はできません。毎日、歯科医院に通う事はできないので、毎日の歯磨きや母親の仕上げ磨きが大切になります。
しかし、正しい歯磨きが出来ているご家庭は一握り。小児の年齢や磨く箇所に合わせた正しい歯磨きをしっかり覚えましょう。

乳歯が生えてくるまでは…

乳歯が生えてくるまでは、赤ちゃんの舌にたまる白っぽいカスを水やぬるま湯で濡らした布で優しく拭き取ってあげて下さい。
初めて生えてくる乳歯は前歯です。しかし、約生後1年を過ぎてある程度乳歯が生え揃うまでは歯ブラシは使用しないでください。歯の汚れも優しく布で拭き取ってあげて下さい。

乳歯が生えてきたら…

乳歯の歯磨きの基本は「横磨き」です。歯ブラシを歯の表面と平行にし、少し力を入れながら小刻みに動かします。力を入れすぎたり、大きく動かしすぎると歯ぐきを傷めたり、歯垢(プラーク)が落ちにくかったりするので、気をつけましょう。

奥歯や歯と歯ぐきの間は、虫歯になりやすいので特に丁寧に磨きましょう。
また、歯磨き粉を使うと子供が吐き気を起こしたりするので使用せず、歯ブラシは小さめの物を使用するといいでしょう。

自分で歯磨きが出来るようになったら…

3歳を過ぎたら、自分で歯磨きをさせるようにしましょう。この頃から、子供自身に「正しい歯の磨き方」を覚えさせ、「食事をしたら歯を磨く」という事を習慣づけましょう。習慣になっていないと、歯磨きをさぼりがちになったり、磨き残しが多くなり、当然虫歯のリスクも大きくなります。
しかし、当然まだ上手に磨くことはできません。歯磨きが終わったらお母さんがしっかり確認し、仕上げ磨きをしてあげましょう。

仕上げ磨きの5つのポイント

  1. 少し小さ目で、毛先の細い歯ブラシを使う。
  2. 歯ブラシは鉛筆のように持ち、細かく優しく磨く。
  3. 頭を膝の上に乗せ、口の中が良く見える安定した姿勢で磨く。
  4. 前歯は敏感な部分なので、奥歯から磨く。
  5. 磨き残しがないように、磨く順番を決めてから磨く。

〒606-0911
京都市左京区松ケ崎泉川町8-2

休診日:木曜日・日曜日・祝日
△土曜日は18:00まで

私たちが担当します!ドクター紹介

新着情報/Information

2015/6/29
お盆休みのお知らせ
8月13日(木)~8月16日(日)はお休みとさせていただきます。
2014/12/3
年末年始のお知らせ
12月28日(日)から1月4日(日)はお休みとさせていただきます。
カレンダー
<9月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
             
カレンダー
<10月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

ページトップへ