歯並びを考えよう

歯並びは子供の将来を考える際に非常に大切なことです

歯並びは子供の将来を考える際に非常に大切なことです
歯並びは子供の将来を考える際に非常に大切なことです。歯並びが「良い」と「悪い」では、お子様の成長時の心身に与える影響が大きく変化します。歯並びの悪さが、虫歯や歯周病の感染のリスクも大きくしたり、見た目の悪さがコンプレックスになり、精神的な負担が増えたりと歯並びから受ける影響は大きいものです。

「ちょっと悪いだけだし…」「永久歯が生えてきてから…」「矯正装置を付けるのがイヤ」とお考えのお母さま、矯正治療は早く行って損はない治療です。乳歯の場合は大丈夫でも、永久歯になると歯並びが大きく崩れる事もよくあります。
一度、歯科医院での検査をお受けになることをお勧めします。

歯並びが悪いと…

デメリット
  • 歯磨きがしにくいので、虫歯になりやすい。
  • しっかり噛んで食事が出来ないので、アゴの成長が遅くなる。
  • 食事を飲み込むクセがついてしまい、肥満になりやすい。
  • 顎に負担がかかるので、顎関節症になりやすい。
  • 顔や体が歪んでしまう。
  • 歯並びにコンプレックスが生まれ、引っ込み思案な性格になりやすい。

歯並びの悪さは噛み合わせの悪さに繋がり、身体や精神の両面に悪影響を及ぼします。小児期に受けてしまった悪影響は、大人になってからもなかなか消えません。
矯正治療を行う事で、身体や精神の負担を取り除くことが出来ます。歯並びや噛み合わせを治すことで、お子さんの成長を守ることが出来ます。

矯正をすれば…

メリット
  • 歯磨きしやすくなり、虫歯を防ぎやすくなる。
  • アゴの成長を妨げることなく促すことが出来る。
  • しっかりと食事が出来るので、健康に成長できる。
  • アゴが正しく成長するので、抜歯をする可能性が減る。
  • 精神的なコンプレックスの解消に繋がる。

現代では、大人になってからでも矯正はできる時代ですが、早い時期からの矯正は最終的な美しさや費用に大きく関係します。また、成長期に心身にかかる負担を減らすことが出来るので、お子様の成長をサポートすることが出来ます。

なんで歯並びが悪いの…

歯並びの悪くなる原因は症状によって異なります。
遺伝的なモノに始まり、乳児期についてしまった指しゃぶりや爪を噛むなどのクセ、生まれつきアゴが小さい、奥歯がないなど、様々な原因が考えられます。
それに合わせて、前歯が出ている(上顎前突)、受け口(下顎前突)、歯が噛み合っていない(開咬)、噛み合わせが深すぎる(過蓋咬合)など、症状も様々です。

まきむらデンタルクリニックでは、しっかりと症状や原因を理解し、治療方法や、将来に与える影響、治療の必要性をお母さまが納得いくまで、丁寧にご説明します。

〒606-0911
京都市左京区松ケ崎泉川町8-2

休診日:木曜日・日曜日・祝日
△土曜日は18:00まで

私たちが担当します!ドクター紹介

新着情報/Information

2015/6/29
お盆休みのお知らせ
8月13日(木)~8月16日(日)はお休みとさせていただきます。
2014/12/3
年末年始のお知らせ
12月28日(日)から1月4日(日)はお休みとさせていただきます。
カレンダー
<9月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
             
カレンダー
<10月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

ページトップへ